きれいな見た目と機能性を合わせた治療、
それがセラミック治療です

きれいな見た目と機能性を合わせた治療、それがセラミック治療です

セラミック治療というと、「お口の見た目をきれいにする診療メニュー」だと思っていませんか?もちろんセラミック治療では、目立つ銀歯を白いものに替えたり歯の形を美しくしたりするなど、見た目を自然にするための治療を行っています。しかし実際にはそれだけではなく、噛み合わせを整えるなど、機能性も十分にふまえているのです。

つまりセラミック治療では、「きれいな見た目」と「機能性」の両方を得るための治療を行っているのです。あなたもセラミック治療で美しく健康な口元を手に入れ、心も身体も元気になりませんか?

歯科金属のリスクをご存知ですか?

1.歯ぐきと歯の境目が黒ずむ

被せものの土台に金属を使用していることで、歯ぐきが後退した際に被せものと歯ぐきの境目が黒く目立ってしまいます。

2.歯ぐきの色が紫色っぽくなる

銀歯が年月の経過とともにイオン化して溶け出すことにより、歯ぐきの色が変色することがあります。

3.金属アレルギーのリスク

金属イオンが体内に取り込まれることにより、金属アレルギーを引き起こす危険性があります。

銀歯とセラミックの違い

  銀歯 セラミック
銀歯 セラミック
審美性 目立ってしまい、見た目の美しさ(審美性)に欠けます。 白さや透明感をまわりの歯に合わせることができ、より自然で美しい見た目になります。
まわりの歯への影響 天然歯より硬いので、噛み合う歯を摩耗させたり傷つけたりすることがあります。 天然歯とほぼ同じ硬さのものを選べるので、噛み合う歯を傷つけません。
歯ぐきへの影響 金属イオンが溶け出すことにより、黒ずむことがあります。 とくに影響はありません。
身体への影響 金属アレルギーの原因となることがあります。 セラミックのみを使用することにより、金属アレルギーの心配は不要です。
銀歯 銀歯 審美性 目立ってしまい、見た目の美しさ(審美性)に欠けます。 まわりの歯への
影響
天然歯より硬いので、噛み合う歯を摩耗させたり傷つけたりすることがあります。 歯ぐきへの影響 金属イオンが溶け出すことにより、黒ずむことがあります。 身体への影響 金属アレルギーの原因となることがあります。
セラミック セラミック 審美性 白さや透明感をまわりの歯に合わせることができ、より自然で美しい見た目になります。 まわりの歯への
影響
天然歯とほぼ同じ硬さのものを選べるので、噛み合う歯を傷つけません。 歯ぐきへの影響 とくに影響はありません。 身体への影響 セラミックのみを使用することにより、金属アレルギーの心配は不要です。

取り扱い素材のご紹介

インレー(詰めもの)
種類 セラミックインレー 白金加金(PGA)
金含有量80%
ハイブリッドレジン パラジウム合金
(保険のインレー)
セラミックインレー 白金加金(PGA)金含有量80% ハイブリッドレジン パラジウム合金(保険のインレー)
保険 保険外 保険外 保険外 保険適応
耐久性 ★★★ ★★★ ★★☆ ★☆☆
審美性 ★★☆ ★☆☆ ★★★ ☆☆☆
メリット ・美しく自然な見た目
・金属アレルギーの心配がない
・金属アレルギーが出にくい
・強い力がかかる部位にも適応
・自然な見た目
・小臼歯(前から4、5番目の歯)に適応
・費用が安価(保険適応)
デメリット ・偏った力がかかると割れることがある ・審美性に欠ける ・多少の変色がある ・金属アレルギーを起こすおそれがある
前歯のクラウン(被せもの)
種類 オールセラミック セラミック レジン前装冠
オールセラミック セラミック レジン前装冠
保険 保険外 保険外 保険適応
耐久性 ★★☆ ★★☆ ★★★
審美性 ★★★ ★★★ ★☆☆
メリット ・美しく自然な見た目
・金属アレルギーの心配がない
・自然な見た目
・透明感がある
・価格が安い(保険適応)
デメリット ・まれに割れることがある ・強い衝撃に弱い ・変色しやすい
・金属アレルギーの心配がある
奥歯のクラウン(被せもの)
種類 セラミック ハイブリッドレジン 高カラットゴールド(PGA) パラジウム合金
(保険のクラウン)
セラミック ハイブリッドレジン 高カラットゴールド(PGA) パラジウム合金(保険のクラウン)
保険 保険外 保険外 保険外 保険適応
耐久性 ★★★ ★★☆ ★☆☆ ☆☆☆
審美性 ★★★ ★★★ ★★★ ☆☆☆
メリット ・美しく自然な見た目
・変色しにくい
・天然歯にもっとも近い硬さ
・金属アレルギーの心配がない
・金属アレルギーが出にくい ・費用が安価(保険適応)
デメリット ・費用が高額 ・多少の変色がある
・表面がすり減ることがある
・審美性に欠ける ・金属アレルギーを起こすおそれがある
・審美性に欠ける

歯の黄ばみが気になるという方はこちら

歯の黄ばみが気になる方におすすめなのは……ホワイトニングです

歯の黄ばみが気になる方におすすめなのは……ホワイトニングです

「歯を削らずに美しく輝く白い歯を手に入れたい」とお考えではありませんか?それではホームホワイトニングをおすすめします。当院で採用しているのは、医院でマウストレーを作製し、ご自宅で低濃度の薬剤を用いて行うホームホワイトニング。美しく白い歯がこぼれる、まぶしい笑顔はいかがでしょう。

歯の白さが与える印象

白い歯と黄ばんだ歯、その与える印象は異なります。簡単に比較してみましょう。

白い歯 黄ばんだ歯
白い歯 黄ばんだ歯
  • 清潔感がある
  • さわやか
  • 若々しい
  • 肌の色が白く見える
  • 顔全体の印象が明るくなる
  • 清潔感に乏しい
  • 疲れているように見える
  • 老けて見える
  • 肌の色や口元がくすんだ感じになる
  • ぼんやりとした印象がする
白い歯
白い歯
  • 清潔感がある
  • さわやか
  • 若々しい
  • 肌の色が白く見える
  • 顔全体の印象が明るくなる
黄ばんだ歯
黄ばんだ歯
  • 清潔感に乏しい
  • 疲れているように見える
  • 老けて見える
  • 肌の色や口元がくすんだ感じになる
  • ぼんやりとした印象がする
ご自宅でご自分のペースで白くするホームホワイトニング

ご自宅でご自分のペースで白くするホームホワイトニング

ご自宅でご自分の好きな時間に歯を白くできる方法です。まず当院で専用のマウストレーを作り、その後ご自宅にてトレーに低濃度の薬剤を塗り、お口に装着するだけ。毎日数時間じっくり薬剤を浸透させることによって歯を白くしていきます。

メリット デメリット
  • 低濃度の薬剤を使用するので刺激が少なく安全性が高い
  • 白さが後戻りしにくい
  • 自分のペースで処置が可能
  • 奥歯まで白くできる
  • 自宅での処置なので通院回数が少ない
  • 効果が現れるまでに時間がかかる
  • 数週間、処置をくり返す必要がある
  • 色調の調整がしにくい
  • 処置もクリーニングも自分で行うため多少の手間がかかる
  • 決められた通りに薬剤を管理しなければならない
メリット
  • 低濃度の薬剤を使用するので刺激が少なく安全性が高い
  • 白さが後戻りしにくい
  • 自分のペースで処置が可能
  • 奥歯まで白くできる
  • 自宅での処置なので通院回数が少ない
デメリット
  • 効果が現れるまでに時間がかかる
  • 数週間、処置をくり返す必要がある
  • 色調の調整がしにくい
  • 処置もクリーニングも自分で行うため多少の手間がかかる
  • 決められた通りに薬剤を管理しなければならない

ホワイトニングの注意点

処置前に知っておいてほしい注意点

  • 効果には個人差があります
  • 人工物(差し歯、詰めもの・被せものなど)は白くすることはできません
  • 抗生物質や薬剤による歯の変色には効果が期待できない場合があります
  • 18歳未満の方や妊娠中の方にはおすすめできません
  • 虫歯や歯周病などのお口のトラブルがある場合はそちらの治療が優先となります

処置中の注意点

  • 薬剤の使用や管理については歯科医師の指示に従ってください
  • ホワイトニング前にはしっかりとブラッシングをしましょう
  • マウストレー装着中やその後30分は飲食や喫煙は控えてください
  • 施術期間中は色の濃い飲食物(ワイン、カレー、コーヒーなど)の摂取や喫煙は控えましょう

処置後の注意点

  • 正しい方法でブラッシングしてください
  • 歯の白さを維持するために定期的にメインテナンスを受けましょう